京都市にある、体育器具の専門店 ・学校、官公庁への外商販売 ・WEBサイトでの販売 を行っています。

屋外 幼稚園・児童館 公園 中学校 小学校 介護施設

段差・縁の転倒事故対策

ここでは、「段差・縁(へり)」の、セフティバイオクッションによる転倒事故対策事例を紹介します。

段差・縁の危険性

よく見られる、段差・縁とその周囲の危険性

  • 転倒時に頭などを打つ可能性

セフティバイオクッションを活用するメリット

段差・縁の安全対策で重視される条件には、下記のようなものがあります。

  • 対候性がある
  • 曲げられる

セフティバイオクッションは柔軟なためカーブに沿って曲げることができ、対候性もあるので屋外での段差や縁のカバーに最適です。

実例

すのこタイプはカーブに最適

すのこタイプは柱や土台に最も巻き付けやすいため、縁や段差に最適。左図のようにボルトで固定もできます。

遊具近くにある砂場枠をカバー

遊具は運動場の端にあるもので、砂場の近くに設置されていることも多くあります。遊具から落ちて砂場枠で頭を打つ、という事故を防ぐため砂場枠の素材に関わらず覆ってしまうのが有効です。

この事例で使われているのはセフティバイオクッション7㎜厚すのこタイプです。

関連事例

中学校, 小学校, 屋内, 屋外, 幼稚園・児童館等
小学校, 屋内, 屋外, 幼稚園・児童館等
公園, 屋外, 幼稚園・児童館等
介護施設, 屋内
介護施設, 屋内, 幼稚園・児童館等
中学校, 介護施設, 公園, 小学校, 屋外, 幼稚園・児童館等