セフティバイオクッション

敷くだけの安全対策クッション、セフティバイオクッションを当社は数十年間販売・施工しています。専用のサイトも作成しているのでぜひそちらもご覧ください。

遊具の落下事故防止、転倒事故の予防などに最適な耐候性高機能クッション材の販売・設置を行っています。

専用のサイト[http://safetybaiocushion.com/]を開設していますので、詳しくはそちらをご覧いただくほうが詳しく掲載していますが、ここでは簡単に概要と、ほんの一部ですが施工の履歴をお伝えしようと思います。

まず、セフティバイオクッションとは、カーペットのように敷くクッション材です。厚みは1㎝ほどで杭や接着剤での固定は不要です。敷くだけで効果を発揮し、落下や転倒による事故の衝撃を大幅に低減します。

落下事故というのは、主に遊具であそぶ子供たちを想定しています。遊具の下にこのクッションを敷いておけば、頻繁に起こる遊具からの落下に対して安全性が高まります。

転倒事故というのは、主に高齢者を想定しています。浴槽の周りや廊下・ホールなどに敷いておけば転倒時の衝撃を大幅に緩和し、骨折などをきっかけに寝たきりになる危険性を下げてくれます。そのため、セフティバイオクッションは老人ホームや介護施設、病院などでも使われています。


施工例(関連するブログ記事へリンク)
#
2016/12/19 14:21
逆上がり補助器というのは、逆上がりをするときに足で駆け上がるのを補助する道具です。跳び上がる力が弱い・タイミングがつかめていない子どもに有効ですが握る力が弱いと頭から落下してしまうこともあります。
#
2016/12/15 13:57
セフティバイオクッションの張替えはよくいただくご依頼の一つです。総合遊具の下に使われることが多いので、すべり台の下に人工芝を設置することと合わせて依頼いただくことも多々あります。
#
2016/12/15 13:51
古くなってきたセフティバイオクッションの張替え+人工芝生の新設です。劣化してきたと思われたら変え時です。
#
2016/12/15 13:38
鉄棒はグラウンドの端にあることが多く、排水口やコンクリート床が近くにあることもあります。セフティバイオクッションなら敷くだけでいいので排水性はそのままキープでき、メンテナンス性も上々です。
#
2016/12/08 16:51
セフティバイオクッションは、固定せずに敷くだけで自重によりズレにくい状態になります。遊具の下に防護マットとして敷く場合、他のクッションよりも遊具の修繕時に使いやすいという大きなメリットがあります。
#
2016/12/05 18:00
ブランコの下は人工芝生デビロンを敷かれることが多いのですが、バイオクッションでも何もしないより遥かにマシになります。