ブログ

体育用品専門会社のブログです。雑記に近いブログなので、記事としてまとまった情報は載せていません。有用な情報はhttp://seft.jp/へどうぞ!

施設管理者向け用品&器具Tips http://seft.jp/

Blog記事一覧

#
Dec / 15 / 2016 kygoto
セフティバイオクッション施工事例-総合遊具下

セフティバイオクッションの張替えはよくいただくご依頼の一つです。総合遊具の下に使われることが多いので、すべり台の下に人工芝を設置することと合わせて依頼いただくことも多々あります。

#
Dec / 15 / 2016 kygoto
セフティバイオクッション、人工芝生デビロン施工事例-総合遊具

古くなってきたセフティバイオクッションの張替え+人工芝生の新設です。劣化してきたと思われたら変え時です。

#
Dec / 15 / 2016 kygoto
セフティバイオクッション施工例-鉄棒

鉄棒はグラウンドの端にあることが多く、排水口やコンクリート床が近くにあることもあります。セフティバイオクッションなら敷くだけでいいので排水性はそのままキープでき、メンテナンス性も上々です。

#
Dec / 14 / 2016 kygoto
体育用品修理用のお問い合わせフォームを作りました

故障について、修理についてお問合わせが多いためこちらで事前に伺いたいことをリスト化しましたのでぜひご利用ください。

#
Dec / 14 / 2016 kygoto
体育館2Fの手すりがぐらつくと落下事故につながり、非常に危険です

体育館には2階に相当する高さの部分に、通路があります。落ちないように手すり、柵などが付いていますがその手すり自体が老朽化していないかはときおりご確認ください。

#
Dec / 14 / 2016 kygoto
施設でよく使われているコンプレッサー[エバーミニコンプ]は、口金が傷んでもホースを交換して使い続けられます

学校や施設ではEVERNEW(エバニュー)社のコンプレッサーがよく使われています。本体が丈夫なので空気針を入れる口金の寿命が先に来てしまうことがありますが、ホースごと交換することができます。

#
Dec / 12 / 2016 kygoto
大きすぎて宅配便で届けられない体育用品の事例-サッカーゴール

人ひとりでは持つことができないサイズのものも、体育用品にはよくあります。高跳び用のマットやバスケットゴールなどもそうです。 業務用の配送便やチャーター便でお届けすることになりますので、受け入れをする側もある程度の準備が必要になります。

#
Dec / 08 / 2016 kygoto
セフティバイオクッションには固定しないメリットがあります。遊具の修繕時などにも最小限の手間、コスト。

セフティバイオクッションは、固定せずに敷くだけで自重によりズレにくい状態になります。遊具の下に防護マットとして敷く場合、他のクッションよりも遊具の修繕時に使いやすいという大きなメリットがあります。

#
Dec / 08 / 2016 kygoto
丸太遊具は木が痩せたり腐ったりします。ときどきはチェックが必要です。

アスレチックジム、丸太遊具、丸太ステップ などいろいろな名称があります。主材が鉄ではなく木でできているものです。 完全に木製というわけではなく留め具や固定に鉄製の釘やボルトが使われていますので、木が痩せて鉄部の露出が大きくなったり、ささくれが出来てきたりと危険な状態になっていることがあります。

#
Dec / 08 / 2016 kygoto
動かない電動カーテンレール​の応急処置

学校や施設にある、電動カーテンレールが動かないので至急になんとかして欲しい、というお問い合わせもよくいただくのですが、 式典やイベントが近づいてカーテンを久しぶりに動かそうとして気づく、というケースが多いのが「至急」になる原因ではないかと思います。

#
Dec / 08 / 2016 kygoto
設計業務のための無償相談はおことわりしています

体育館の設計や計画のために無償で相談に乗ってほしいとのご依頼がときおりあります。せっかくのお問い合わせですが、こういったご依頼は今のところお断りしています。

#
Dec / 07 / 2016 kygoto
グラウンドの支柱穴は、四角も丸もどちらもあります

テニスやバレーの支柱などを入れるための穴は、グラウンドを掘って筒を入れ、コンクリートで固定します。今は丸型が主流ですがまだ四角い穴もあります。