ブログ
  • Home
  • Blog
  • 大きな音を怖がる子どもがいる場合のピストル音対策

  2017/06/02   kygoto

大きな音を怖がる子どもがいる場合のピストル音対策

運動会などで使うピストル音を怖がる子どもが増えているそうです。このピストルは「信号器」、玉は「紙雷管」と言います。


この紙雷管(かみらいかん・しらいかん)にも火薬の量で音の強弱があり、
音が大きな順に

  1. 紙雷管
  2. ハーフ雷管
  3. ミニ雷管

となっています。

これは、一番音の大きな紙雷管です。当社の知る限りエバニュー社のみが発売しています。

もしこの紙雷管をつかっていて怖がる子どもがいるなら、
紙雷管からハーフ雷管へ、
ハーフ雷管からミニ雷管へと
火薬含有量の少ないものにシフトしていくことで音も小さくなります。

どの雷管も、同じ信号器(ピストル)で使うことができますので
雷管の種類ごとに信号器を変更する必要はありません。

また、当社は2017/6/2時点でハーフ雷管は扱っていませんが、取り扱いは検討中しています。

というのも、販売店は紙雷管を保管庫に収納していますが
この保管庫に入る量が限られているからです。

ハーフ雷管を取り扱うと紙雷管を在庫できる量が少なくなり、
運動会シーズンの急な需要に対応しづらくなります。

その需要予測をしながら、今後の取り扱いを検討していきます。





ランダムポスト

#
Dec / 12 / 2016 kygoto
大きすぎて宅配便で届けられない体育用品の事例-サッカーゴール

人ひとりでは持つことができないサイズのものも、体育用品にはよくあります。高跳び用のマットやバスケットゴールなどもそうです。 業務用の配送便やチャーター便でお届けすることになりますので、受け入れをする側もある程度の準備が必要になります。

#
Dec / 08 / 2016 kygoto
丸太遊具は木が痩せたり腐ったりします。ときどきはチェックが必要です。

アスレチックジム、丸太遊具、丸太ステップ などいろいろな名称があります。主材が鉄ではなく木でできているものです。 完全に木製というわけではなく留め具や固定に鉄製の釘やボルトが使われていますので、木が痩せて鉄部の露出が大きくなったり、ささくれが出来てきたりと危険な状態になっていることがあります。

#
Oct / 02 / 2017 kygoto
今日はモルテン社棚卸しのため、取り寄せや在庫確認ができません。

物を売る企業では棚卸しというものを年に1回以上行います。メーカーではその数量規模が大きいので、棚卸し日は休業となる場合がほとんどです。

#
Dec / 08 / 2016 kygoto
設計業務のための無償相談はおことわりしています

体育館の設計や計画のために無償で相談に乗ってほしいとのご依頼がときおりあります。せっかくのお問い合わせですが、こういったご依頼は今のところお断りしています。

#
Nov / 26 / 2016 admin
三英の卓球台ラインナップから、+VSASがなくなりました。

ガスダンパーで開閉を補助する仕組みでしたが2016/11現在、販売を休止しています。

#
Nov / 26 / 2016 admin
ゴルフ場にトーエイライトのバドミントン支柱がありました

なにやら見覚えがあると思っていたらよくカタログで見ていたものでした。