ブログ
  • Home
  • Blog
  • 大きな音を怖がる子どもがいる場合のピストル音対策

  2017/06/02   kygoto

大きな音を怖がる子どもがいる場合のピストル音対策

運動会などで使うピストル音を怖がる子どもが増えているそうです。このピストルは「信号器」、玉は「紙雷管」と言います。


この紙雷管(かみらいかん・しらいかん)にも火薬の量で音の強弱があり、
音が大きな順に

  1. 紙雷管
  2. ハーフ雷管
  3. ミニ雷管

となっています。

これは、一番音の大きな紙雷管です。当社の知る限りエバニュー社のみが発売しています。

もしこの紙雷管をつかっていて怖がる子どもがいるなら、
紙雷管からハーフ雷管へ、
ハーフ雷管からミニ雷管へと
火薬含有量の少ないものにシフトしていくことで音も小さくなります。

どの雷管も、同じ信号器(ピストル)で使うことができますので
雷管の種類ごとに信号器を変更する必要はありません。

また、当社は2017/6/2時点でハーフ雷管は扱っていませんが、取り扱いは検討中しています。

というのも、販売店は紙雷管を保管庫に収納していますが
この保管庫に入る量が限られているからです。

ハーフ雷管を取り扱うと紙雷管を在庫できる量が少なくなり、
運動会シーズンの急な需要に対応しづらくなります。

その需要予測をしながら、今後の取り扱いを検討していきます。





ランダムポスト

#
Dec / 03 / 2016 kygoto
グラウンド用のラインカー(ライン引き)は2輪か4輪どちらがよいのか

たいていの運動場には白線を引くためのラインパウダーとラインカーが置いてあります。ラインカーは大まかに分けて2輪と4輪がありますので使い分けが必要です。

#
Apr / 21 / 2017 kygoto
スクリュー形の杭は、サッカーゴールの固定力が強いです

サッカーゴールは転倒予防にウエイトや杭で固定しますが、杭といってもいろいろあります。 1枚目の写真のようにねじれているものは引っ張りに強いので、起伏のない棒状の杭よりも少ない本数で大きな効果があります。

#
Dec / 26 / 2016 kygoto
雲梯(うんてい)の設置には工事が必要なものもあります

雲梯はその場に置くだけのタイプとコンクリートで脚部を固定するタイプがあります。どちらが良いという訳ではありませんので置かれる施設の状況によってどちらにするか決められるのが一般的です。

#
Dec / 06 / 2016 kygoto
鉢巻(はちまき)、襷(たすき)の色は年度ごとに少しずつ差があることがあります

運動会や体育祭で必須のハチマキ、タスキですが同じ色を買ったとしても年度ごとに微妙に色が違うことがあります。

#
Mar / 10 / 2017 kygoto
エバニューホイッスルピットナルがリニューアルされました。

ピットナル(EKB084)からピットナル2(EKB136)へ。音色も聞きやすくなっています。

#
Dec / 02 / 2016 kygoto
12月~翌年2月頃は、スポーツ用品が新年度のものにリニューアルされる時期です。

スポーツ用品、体育用品はメーカーが製造してカタログを発行していますが、年度切り替えの少し前に新しいカタログに刷新されます。