ブログ
  • Home
  • Blog
  • 大きな音を怖がる子どもがいる場合のピストル音対策

  2017/06/02   kygoto

大きな音を怖がる子どもがいる場合のピストル音対策

運動会などで使うピストル音を怖がる子どもが増えているそうです。このピストルは「信号器」、玉は「紙雷管」と言います。


この紙雷管(かみらいかん・しらいかん)にも火薬の量で音の強弱があり、
音が大きな順に

  1. 紙雷管
  2. ハーフ雷管
  3. ミニ雷管

となっています。

これは、一番音の大きな紙雷管です。当社の知る限りエバニュー社のみが発売しています。

もしこの紙雷管をつかっていて怖がる子どもがいるなら、
紙雷管からハーフ雷管へ、
ハーフ雷管からミニ雷管へと
火薬含有量の少ないものにシフトしていくことで音も小さくなります。

どの雷管も、同じ信号器(ピストル)で使うことができますので
雷管の種類ごとに信号器を変更する必要はありません。

また、当社は2017/6/2時点でハーフ雷管は扱っていませんが、取り扱いは検討中しています。

というのも、販売店は紙雷管を保管庫に収納していますが
この保管庫に入る量が限られているからです。

ハーフ雷管を取り扱うと紙雷管を在庫できる量が少なくなり、
運動会シーズンの急な需要に対応しづらくなります。

その需要予測をしながら、今後の取り扱いを検討していきます。





ランダムポスト

#
Dec / 08 / 2016 kygoto
動かない電動カーテンレール​の応急処置

学校や施設にある、電動カーテンレールが動かないので至急になんとかして欲しい、というお問い合わせもよくいただくのですが、 式典やイベントが近づいてカーテンを久しぶりに動かそうとして気づく、というケースが多いのが「至急」になる原因ではないかと思います。

#
Feb / 02 / 2017 kygoto
コートブラシの柄は交換できるものもあります

グラウンド整備につかうコートブラシはT字型をしているので、ブラシより先に柄の部分がダメになることもよくあります

#
Jan / 26 / 2017 kygoto
バレーボールとハンドボールのホイッスルが売れています

1/21に発売された、DEEVOとVORCAです。当社のお客さまは小学校が多く、競技別のトップモデルを使われるケースはあまりありません。 レフェリーの方が個人的に購入されることがほとんどです。

#
Dec / 02 / 2016 kygoto
逆上がり補助器は修理ができるかというお問い合わせにつきまして

逆上がり補助器とは、逆上がりをするときに鉄棒の下あたりに設置して駆け上がりの補助をする器具です。5~10万円ぐらいで販売されています。

#
Dec / 22 / 2016 kygoto
グラウンドのトラック用ラインは躓きづらい形のものがオススメです

グラウンドに競技用の線を引く方法はいくつかあります。粉で引く、水で引く、ラインテープを張るなどです。競技用トラックには幅が狭めのラインテープが使われますが、周りの土が痩せていくとラインテープが浮き、躓いてしまうこともあります。

#
Nov / 29 / 2016 admin
払込取扱票での支払いにも対応しています

郵便局の窓口かATMで支払っていただける、払込取扱票にも昨年から対応しています