2016/12/02   kygoto

テニス支柱・バレー支柱が抜けなくなったときの対処法

グラウンド、運動場にある支柱が抜けなくなることは時折あります。抜けそうで抜けないことも、びくともしないこともあります。そんな時の対処法です。


グラウンドにある支柱類、主にテニス支柱とバレーボール支柱ですがときどき抜けなくなることがあります。

その理由は、支柱と穴の間に砂が入ったもしくは雨水が入って支柱が錆びたもしくはその両方です。

支柱を揺らしながらで抜ければそれでいいのですが、抜けない場合はテコの原理を利用すると抜けやすくなります。

ひとつの例としてあげると、下の写真のように・・・ただし周囲と作業者の安全には十分気をつけてください。

この他にラグビー支柱を抜くための器具も支柱径が合えば使えるかもしれませんが、径が違うのでそのままではまず無理です。瓶のフタを空ける要領で、ゴムシートかなにかを噛ませると良いかもしれません(当社はおこなったことはありません)。


抜きかけ状態。錆びまくっています。


ようやく抜けた、相当な年月使用されたテニス支柱です。


もうこの支柱は寿命なので処分すべきですが、新たに支柱を買う場合は、穴の中のゴミや砂、錆は取り除いておきます。

下の写真は鉄の棒ではなく、砂取器という先がスクリュー状になった穴掃除用の器具です。


とれました。砂取器は1本あるとゴミ除去に便利です。


ランダムポスト

#
Dec / 14 / 2016 kygoto
施設でよく使われているコンプレッサー[エバーミニコンプ]は、口金が傷んでもホースを交換して使い続けられます

学校や施設ではEVERNEW(エバニュー)社のコンプレッサーがよく使われています。本体が丈夫なので空気針を入れる口金の寿命が先に来てしまうことがありますが、ホースごと交換することができます。

#
Dec / 21 / 2016 kygoto
体育館の伸長式バスケットゴールが動かなった、という依頼もよくいただきます

たいていの体育館にはバスケットゴールあります。どのようなものかは館によりまちまちで、固定されているもの、上から降りてくるもの、壁から伸びてくるものなどです。

#
Dec / 07 / 2016 kygoto
グラウンドの支柱穴は、四角も丸もどちらもあります

テニスやバレーの支柱などを入れるための穴は、グラウンドを掘って筒を入れ、コンクリートで固定します。今は丸型が主流ですがまだ四角い穴もあります。

#
Dec / 01 / 2016 admin
グラウンドを広く使える薄型サッカーゴール

サッカーゴールを設置する場合、グラウンドによっては、スペースが十分では無いこともありますがゴールの奥行きが薄いものならグラウンドを広く使えます。あまり見ないタイプですが、特注できることもあります。

#
Apr / 28 / 2017 kygoto
モルテンのドッジボール2017年のラインナップ変更

ラインドッジボールLDシリーズが無くなったことと、ソフトドッジSFDの種類が増えデザインが変わった2点が変更点です。

#
Dec / 05 / 2016 kygoto
ブランコ下にバイオクッション設置の依頼があり、下見に伺いました

ブランコの下は人工芝生デビロンを敷かれることが多いのですが、バイオクッションでも何もしないより遥かにマシになります。