2016/12/02   kygoto

逆上がり補助器は修理ができるかというお問い合わせにつきまして

逆上がり補助器とは、逆上がりをするときに鉄棒の下あたりに設置して駆け上がりの補助をする器具です。5~10万円ぐらいで販売されています。


逆上がり補助器は、蹴って駆け上がるので数年経つとガタがくることが多くあります。


修理できますか?

という問い合わせが多いため簡単に説明しますと、

板の部分・・・プラスチックであることが多いので、折れ曲がったり割れたりします。メーカーが部品を販売していれば取り寄せて付け替えるだけなので、販売しているかどうかは本体のメーカーや型番を調べて販売店までお問い合わせください。

下記は板がはずれてしまった状態です。部品さえあれば大抵の場合はまた使えるようになります。


土台の部分・・・交換部品としては無いことがほとんどです。ですが、部材を溶接すれば直ることが多いので「部品対応無し」と言われても諦めずに工務店などにご相談されるとよいかと思います。費用は壊れ方によってピンキリですが、1~2万円程度で直る場合が多いです。


ちなみに、逆上がり運動を補助する道具でも、持ち手に巻きつけて回転をしやすくする道具は「鉄棒サポートパット」です。

こちらは2000~3000円/本程度で販売されています。


ランダムポスト

#
Jan / 23 / 2017 kygoto
エバニュー社の商品は、1/30から2017年版のラインナップに変更になります

カタログには有効期限があります。2017年のエバニュー社のものは2/1スタートになっていますが、2016の旧カタログが有効なのは実際には1/29ぐらいまでとお考えください。 発注の期限と棚卸しなどがあります、1/30の11:00以降にエバニュー社が注文を受けたものは2017年カタログ分として扱われるためです。

#
Dec / 02 / 2016 kygoto
握力計が正しく計測できるように、検定・調整を行いましょう

メーカーに送り、調整をして正しく計測できるようになった握力計でスポーツテストは行われます。メーカーは直接エンドユーザーからの依頼を受け付けていないため販売店を通してご依頼ください。

#
Dec / 15 / 2016 kygoto
セフティバイオクッション施工例-鉄棒

鉄棒はグラウンドの端にあることが多く、排水口やコンクリート床が近くにあることもあります。セフティバイオクッションなら敷くだけでいいので排水性はそのままキープでき、メンテナンス性も上々です。

#
Jan / 26 / 2017 kygoto
バレーボールとハンドボールのホイッスルが売れています

1/21に発売された、DEEVOとVORCAです。当社のお客さまは小学校が多く、競技別のトップモデルを使われるケースはあまりありません。 レフェリーの方が個人的に購入されることがほとんどです。

#
Dec / 02 / 2016 kygoto
逆上がり補助器は修理ができるかというお問い合わせにつきまして

逆上がり補助器とは、逆上がりをするときに鉄棒の下あたりに設置して駆け上がりの補助をする器具です。5~10万円ぐらいで販売されています。

#
Dec / 08 / 2016 kygoto
丸太遊具は木が痩せたり腐ったりします。ときどきはチェックが必要です。

アスレチックジム、丸太遊具、丸太ステップ などいろいろな名称があります。主材が鉄ではなく木でできているものです。 完全に木製というわけではなく留め具や固定に鉄製の釘やボルトが使われていますので、木が痩せて鉄部の露出が大きくなったり、ささくれが出来てきたりと危険な状態になっていることがあります。